トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

任天堂(7974)に牽引され、現物株式の評価損益が2週間ぶりにプラスになった

週間騰落率+17.65%の「任天堂(7974)」に牽引され、
現物株式の評価損益が、2週間ぶりにプラスになった。

・任天堂(7974) 6ヵ月チャート
20130619 任天堂(7974)

急激に上昇しているが、2つの材料があるのでやや楽観。

・株価材料1つ目
米国で、3DS『Animal Crossing: New Leaf』(とびだせ どうぶつの森)の
販売が好調。
↓関連記事
任天堂(7974)、欧米の2013夏商戦で最も重要な役割を果たすソフトが好調な滑り出し

・株価材料2つ目
任天堂初の『Free to Play(基本プレイ料金無料)型』ソフトの詳細が近日公開?

Nintendo E3 アナリストブリーフィング 2013/6/12 3Pより
>任天堂としては初めてご提案するFree to Play型のソフトなど、
>デジタルビジネスを拡大するためのいくつかの取り組みを順次
>ご提案していく予定です。

で、『Free to Play型ソフト』投入が言及され、
ゲームメディアの宮本茂専務へのインタビューで、
それに関する発言があった模様↓

任天堂初のFree-to-Playタイトルは「スティールダイバー」か。
宮本 茂氏が北米メディアのインタビューで言及

(4Gamer.net)
>今のところ具体的なことは不明だが,宮本氏は「詳細は,すぐに発表する」
>としており,近々「Nintendo Direct」などで発表されるのかも知れない。

既に発売されているゲームを『Free to Play型ソフト』にアレンジするなら、
結構早く出せそうですね。


・今日の取引
 なし 

・現物株式 評価損益合計
 306,365円(損益率+2.5%)

・信用建玉 評価損益合計
 134,932円

・2013年 確定損益合計
 438,360円

STEEL DIVER
STEEL DIVER
(Amazon.co.jp)
関連記事
このエントリーのタグ: ゲーム関連銘柄
コメント
トラックバック
トラックバック送信先 :

アクセスカウンター

ブログランキング

にほんブログ村 株ブログへ

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

プロフィール

アウトス

Author:アウトス
・20代
・高機能自閉症(アスペルガー症候群)
・2012年1月から投資を開始。
・2012年8月に鬱病になり退職。
・2012年12月にアパートを引き払い、
 実家住まいに。
・400万円を、年利3.0% 72回払いで
 借りてます。(2014年4月 返済開始)
2020年3月完済
・1,200万円を、年利3.0% 60回払いで
 借りてます。(2014年9月 返済開始)
 2019年8月完済
・900万円を、年利3.6% 60回払いで
 借りてます。(2015年2月 返済開始)
 2020年1月完済
・Twitterアカウント@autosrentier

年別確定所得
・2012年:1,258,805円
・2013年:2,262,435円
・2014年:2,053,648円
・2015年:1,925,003円
・2016年:2,177,486円
・2017年:6,615,021円
・2018年:4,254,739円
・2019年:2,587,892円

累計確定所得
・23,135,029円

リンク元ランキング

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
363位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
171位
アクセスランキングを見る>>

最新記事

カテゴリ

相互リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

最新コメント